舌コピー



先週、フレンチレストランに行きました。
私はポークの何たらを注文。
コレがおいしかった。
プレートにはマッシュポテトがのってたんですけど、これが超おいしい。
マッシュポテトといえば、大味、芋でお腹いっぱいになる。ってイメージがあるんですけど、それは違いました。
ホイップみたいにクリーミーで。ちょっぴりガーリックの風味が。

メインのポークはマスタードソースがかかっていてコレもおいしい。
食べながら、
『何だか、似たもの家で作れそう。。。』
なんて考えていました。

ポークはこの締まった感じ。この間作ったチャーシューの要領ですればいいんじゃないかと。
脂身の少ないポークを用意して、糸で縛る。
醤油ベースのスープではなく、コンソメスープにいつも捨ててしまうキャベツの芯や、にんじん、たまねぎの先などと、適当に調味料をいれてグツグツと。
もちろんルクルーゼで。

煮た後はポークをチャーシューのようにごま油ではなく、オリーブオイルでフライパンで焼き目を少しつけて。

マッシュポテトはルクルーゼの蒸し器でポテトを蒸しました。

steamer.jpg


マッシュポテトのこのキメの細かいクリーミーさは裏ごしすればいいのではないかと。
バターにすりおろしにんにくを入れ、裏ごししたポテトを入れました。
出来ました。 思ってた通りのものが!!!


マスタードソースは最後にポークを焼いた後のフライパンでバター、醤油、ハチミツが無かったので砂糖で。そして粒マスタード、少し牛乳を加えて出来上がり。

にんじんのグラッセも作りました。

pork.jpg


点数をつけるなら75点くらいでしょうか。
おいしかったです♪♪
でも、子供たちはこんなの好きじゃ無いし、一人で食べました。。。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あいかわらず、すごいですね。ほんと、いつも関心しますよぉ~。

焼き豚のあのお肉、やっぱりうちの近くのHEBにはないようです・・・(涙)Puntensuさんが見つけたところにいけばありますかね??

>なっついさま

焼き豚の肉、もしかして細長いものを想像していますか?
普通のポークのブロックですよ。
それを半分に切って使ってます。
今回のコレもです。
でも、そういえばポークのブロック、売ってないときがある。。。。。
この間、ポークミンチがなくて、挽いたらあるの分かってて、ちょっと恐縮しながら
『ポークのミンチって出てなかったら無いんですかね~~~。』なんて言ったら、すぐに挽いてくれましたよ。
ブロックだったらカットする前のものが中にたくさんありそうだから聞いてみるのもいいかもしれませんね!

これが感動のお味の再現なんですね~♪
食べてる最中から、「作れそう!」って考えてるところがさすが・・・。

ルクルーゼの蒸し器、便利そう。
私もそのうちGETしたいな~・・・

>yocchiさま

蒸し器はまだ使いこなせていません。。。
肉まんもまだコレでつくってないんですよ。
一番は前にも言ったグリルパンがお勧めです!!


おっ!ついにpuntensuさんも舌コピー!!!!
すごい!!!

ワタシ、ポークと粒マスタードの組み合わせ、めっちゃ好きです。
お子様が食べないなら、ワタシが食べに行きたかった(涙)

すばらしいv-421
子供達食べないの?
洋食やん!もったいない。。。
コピーするのって難しいよなー
でも完璧やんかー。
こっちは似たご飯だらけで・・・飽きる。

ルクルーゼって蒸し器もあるんやね。
色々探そう!見習ってもっと色々探索しなアカンな。
未だにグリルパンが見つからないv-406

何回もすいません。
↑のに書き忘れまして・・・

ルクの蒸し器、どこで購入されました?
日本の友達が使ってて、欲しくなったのですが、ネットで検索してもなかなか探せなかったです~
超グッドタイミング~

abechiさま

ルクのアウトレットですよ!!
アウトレット価格50ドルくらいのがそこから35%オフです! 
日本のは定価8000円くらいで蓋がありません。これはガラス蓋がついて中が見えるのでなかなかいいですよ。

>よっきゅん


ごめんよ~~~。
お返事飛ばしてしまってて~~~。
いやいや、そっちの食事のほうがぜったいいいよ~~~!
羨ましいわ~~~。
買い物とかはどうなの?
掘り出し物とか結構あるのかな?
ホント、よっきゅんがいる間に一度行きたい!!

プロフィール

puntensu

Author:puntensu
関西出身。サンアントニオ在住。サンアントニオ市内、周辺の情報をブログに綴っています。食べる事が大好きなのでほとんどの記事は食べ物関係ですのであしからず。コメント大歓迎です! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスありがとうございます
ブログ内検索
RSSフィード
リンク